2013年 08月 04日 ( 1 )

吹き抜け 寒い! 暑い!

思えば、丁度一年前。この暑い夏の盛りにこの家の購入を決めたのでした。あの時も暑かった。なのに、なぜ気が付かなかったのだ!

吹き抜けのある家。開放感があってモデルハウスとしてはとても感じが良かった。初めて迎えた冬。あまりの寒さに震え上がりました。

うちは、吹き抜け+リビング階段。リビングにホットカーペットを敷き、石油ファンヒータをかけ、おまけにエアコンで暖めても、寒さは消えませんでした。なのに、階段を上がるとちょっと暖かかったりして。。明らかに、温かい空気が上に流れている。

いろいろなページを参考に、とりあえずサーキュレータを買って階段の上で回してはみたものの、階段が曲がっているためか、あまり効果はなし。でも、きっと夏は涼しいに違いない!と思っていました。

そして、暑い夏がやってきました。1階でエアコンをかけると確かに1階は涼しい。とても涼しい。でも、2階が暑い!日中、留守にしていて夕方家に戻るともう2階は灼熱の世界。なぜこんなに2階が暑いのか?
2階の二部屋は南向きですが、ベランダがあるせいか直射日光はあまり入りません。カーテンも引いています。なにより、一番暑いのは階段なんです。階段の途中、小さな踊り場を上ると一気に暑くなります。これらを考えると、もしや、吹き抜けにある大きな窓が原因ではないか!という結論になりました。

この吹き抜けの窓は、初めて見た時から、不安材料でした。なんせ、手の届かないところにあるにも関わらず、開け閉めできるようになっているんです。
c0094249_19151985.jpg

住宅メーカの方には何度となく理由を聞いたのですが、「ここに将来的にもう一つの部屋を作れるようにしています。」という返答。ちょっと待ってね。仮にここに部屋を作ったとしましょう。えー、入り口はどこになるんでしょう?階段上の手すりをぶち抜くんでしょうか。

ただ、それを承知で購入したのですから、それは仕方ありませんね。(相方が吹き抜けをえらく気に入ったもおで)。

冬と夏をそれぞれ経験して、やはりこのままでは暮らしにくいという結論となりました。ネットでいろいろと情報を得て、冬の寒さ対策には、吹き抜け部分に夏は取り外せるようなカーテンなりロールスクリーンを設置すると。そして、夏の暑さ対策には高いところでも開け閉めできるような遮熱性のあるロールスクリーンを設置すると。

さっそく、この家のカーテンを扱ってもらった内装業者(デザイン会社?)さんに行き、来週実際に見てもらって案を出してもらうことにしました。デザイン会社ということで値段の方が心配なのですが、他の内装と雰囲気があまりに違うってしまうのが嫌なのでまずはここに頼みます。あまり高いようなら他を当たります。

さてさて、どうなることやら、来週のお楽しみです。
by catrui | 2013-08-04 19:15 | MyHome