一人ハウステンボス その1

先日、一人ハウステンボス、デビューいたしました。

今回は熊本経由。大荷物を抱えての移動となりました。
熊本からハウステンボスまではJRで乗り継ぎが良ければ約2時間です。私は乗り継ぎが悪く2時間半の行程でした。途中鳥栖でハウステンボス号に乗り換えです。鳥栖から乗り込むハウステンボス号ですが、前・中・後と3部構成でそれぞれ行き先が違うのでちょっと注意が必要です。といっても、中に位置するハウステンボス号は一番リゾート列車らしいのですぐにわかりました。指定は特に取っていませんでしたが余裕で座れました。

ハウステンボス駅に到着したのは、夕方6時過ぎ。少し日が落ちてきた中で全日空ホテルが浮かび上がってきます。ハウステンボス駅は、ホームから階段を上がって改札があります。大きな荷物を抱えて階段はちときつかった。向かいに見えるハウステンボス。カナルクルーザで迎えに来てくれたらうれしいですね。。。それかハウステンボス号が着いた時だけバスが来てくれないかな。

などとわがままをつぶやきながら、改札を抜けます。そのままみどりの窓口へ行って帰りのチケットを確保。、、、、しようと思ったら、なんと、帰りの電車が博多から満席で取れない!何かイベントでもあったのでしょうか。自由席に並ぶための気力も今回はなし。。どうしようかとしばし悩みましたが、携帯で高速バスを調べてみたら、高速バスはどの時間も空きあり!JRだけ満席って何か貸切でもあったかな。ということで博多までの席を確保した後、高速バスセンターへ電話して高速バスを予約。あー、良かった。
(実は、JRだけで帰るより、高速バスを使った方がお値段も安かったです。)

帰りが確定したところで、急ぎハウステンボスへ向かいます。前回の時は軽装だったので近く感じましたが、大荷物を抱えて歩くと駅からゲートまでが遠い。やっぱりお迎えが欲しいなぁ。

ようやくゲートに到着。なんやかんやですでに日は暮れてしまいました。ぜぇぜぇ言いながら場内ホテル受付に向かいます。この日は時間も時間だったせいか他にお客さんはおらず、すぐに受付をしてもらえました。受付にいた女性の方がまたとても親切で荷物を持ってくれたりいろいろ説明してくれたりでうれしくなりました。また、私の大荷物を見て「バスでホテルに行かれますか」とバスを見てきてくれます。すぐにバスが来るとのこと。その間に、モーレンクラブの会員ということでわくわくポイントを持ってきてくれました。わくわくポイントはスクラッチ付きでした。バスを待っている間、スクラッチを削ってみるとちゅーりートランプが当たりました。

しばらくするとホテル送迎の赤い大きなバスが到着。乗り込むのは私一人、貸切です。今夜の宿、デンハーグに着くまでの間、赤いテントが見えました。サンヴァンサン祭りの会場のようです。今年は参加できないけど来年はぜひ参加したなぁ。

デンハーグに宿泊するのは2度目です。フロントでチェックイン手続き。カスタマー会員なのでサイン一つでOK。とにかく手持ちの大荷物をどうにかしたくて宅配便を聞いてみると、夜10時までにクロークに持ち込めば受け付けてもらえるとのことでした。

今回のお部屋は、カスタマー入会1周年記念プランでデラックスハーバービューです。部屋に入ってまずは、「ひろーい!」
c0094249_21532742.jpg

一人で泊まるにはもったいない。。。。

窓からは帆船が目の前に(翌朝撮りました)。

c0094249_21542194.jpg


部屋に備え付けのお茶セット。お茶は煎茶と番茶のティーパック
c0094249_21545460.jpg

紅茶かハーブティーのティーパックも置いて欲しいです!ぜひぜひ。素敵なティーセットなんですもの。
by catrui | 2007-10-15 21:35 | ハウステンボス
<< 一人ハウステンボス その2 行っちゃおうかなぁ >>